世界ラリー、勝田貴元が3位 12年ぶり日本開催で表彰台

※写真クリックで拡大表示します
自動車のWRCラリー・ジャパンで総合3位に入り、表彰台に立つトヨタの勝田貴元=13日、愛知県豊田市
自動車のWRCラリー・ジャパンで総合3位に入り、表彰台に立つトヨタの勝田貴元=13日、愛知県豊田市

 自動車の世界ラリー選手権(WRC)ラリー・ジャパンが13日、愛知県豊田市でゴールを迎え、29歳の勝田貴元(トヨタ)が総合3位に入った。12年ぶりに日本で開催された世界最高峰のWRCで今季2度目、通算3度目の表彰台に輝いた。

 最終日を総合4位からスタートした勝田は、二つ目の競技区間で一つ順位を上げ、堅実な走りで3位をキープした。

 愛知県出身の勝田は2021年からWRCの最高峰クラスにフル参戦。同年のサファリラリー・ケニアで2位となって初の表彰台に上り、今年の同ラリーでも3位に入った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース