地方点描:記憶の引き出し[大曲支局美郷町駐在]

会員向け記事

 時折、思い出しては郷愁を覚える光景がある。

 小学生の頃、地元の集落で開かれた夜の夏祭り。小さな公園に並ぶ出店を回り、大型トラックの荷台のステージで友人と劇や踊りを披露した。祭りはいつしか、少子化で行われなくなっていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース