佐竹知事、渡仏時の手応え語る 新たな観光素材に可能性

有料会員向け記事

 秋田県の佐竹敬久知事は8日、秋田市のホテルメトロポリタン秋田で開かれた内外情勢調査会11月例会で講演し、先月のフランスでのトップセールスについて振り返った。本県ゆかりの洋画家藤田嗣治と、藤田の絵を展示する県立美術館(秋田市)を設計した安藤忠雄氏はともに知名度が高かったとし「(現地の)ガイドから『秋田は売れる』と言われた。藤田と安藤を組み合わせると相当良い」と述べ、新たな観光素材としての可能性に期待を示した。

 佐竹知事は先月15~21日に渡仏し、食品見本市や観光セミナーに出席。見本市では、チーズと一緒に提供したいぶりがっこや稲庭うどんが好評だったという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース