あきた数学教育学会、来月に授業研究会 ICT活用、考え深める

連載:教育2022
有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
金足農業高校で行われた提案授業
金足農業高校で行われた提案授業

 秋田県内外の小中学校、高校などの教諭や大学の研究者らでつくる「あきた数学教育学会」(田仲誠祐会長)が、算数、数学の授業の質向上を目指す取り組みを進めている。12月には、2018年の発足以来初めて授業研究会を開催する。研究会に向けた提案授業が秋田市内の中学校と高校で行われ、準備が進んでいる。

 10月14日、金足農業高校(秋田市)の電子黒板に19年6月5日付の本紙記事が映し出された。イージス・アショアの配備候補地を巡り、適地調査のずさんさを指摘した記事だ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース