鳥海山の伏流水、活用方法考える にかほ市で水資源シンポ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
シンポジウムで発言するパネリスト
シンポジウムで発言するパネリスト

 秋田県にかほ市の水資源について考えるシンポジウム「ミズからにかほ」が、同市観光拠点センターにかほっとで開かれた。市川雄次市長や大学教授、地元漁師ら6人が漁業や鳥海山の伏流水について話し合った。

 ライブ配信を含め約100人が耳を傾ける中、市川市長は鳥海山が育んだ飲み水について紹介。鳥海山周辺の水で入れたコーヒーをパネリストに振る舞った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース