海から学んだこと、作文や絵で表現 旭北小4年生の冊子完成

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
児童の作文や絵をまとめた「旭北ジャーナル」
児童の作文や絵をまとめた「旭北ジャーナル」

 秋田市山王の旭北小学校の4年生約40人が海をテーマに書いた作文や海の生き物を描いた絵などをまとめた冊子「旭北ジャーナル」が完成した。

 作文は、児童が家族らから聞いた海の思い出をまとめた。田村和奏(わかな)さんは、父親が、海で遊んだり溺れそうになったりした経験から、「海はいろいろなことを教えてくれる父親のようなそんざい」と語ったエピソードを紹介。藤田海碧(みお)君は祖父に聞いた魚釣りの話を書いた。祖父が秋田市の海は「水がきれいで魚の影が見えて、釣りをしやすかった」と語ったことに触れ、自身も釣りをしたくなったとまとめた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース