県警が「映像110番」試験運用 通報者にスマホ撮影を依頼

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「110番映像通報システム」の留意事項を示したスマートフォンの画面。同意すると撮影画面に移行する
「110番映像通報システム」の留意事項を示したスマートフォンの画面。同意すると撮影画面に移行する

 秋田県警は10月1日から、110番通報の際にスマートフォンなどのカメラで撮影した映像や画像を送信できる「110番映像通報システム」の試験的な運用を始めた。事件や事故、災害など現場の状況を早期に把握し、より的確な初動対応につなげる狙い。県内ではまだ実際に運用されたケースはないが、他県では捜査へ活用した例もあり、県警は積極的な協力を呼びかける。

 新たなシステムは、警察庁が10月から全国の都道府県警で試行を始め、来年4月から本格運用に移行する予定。2年前から先行実施する兵庫県警では、通報で得られた映像から傷害事件の逃走車両を特定したケースもあった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース