「サキホコレ」が本格市場デビュー 東京と大仙でイベント

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
銀座三越に設けられたサキホコレの販売コーナー。早速買い求める人の姿も=29日、東京・銀座
銀座三越に設けられたサキホコレの販売コーナー。早速買い求める人の姿も=29日、東京・銀座

 秋田県が9年越しで開発した新品種米「サキホコレ」が29日、本格市場デビューした。2022年産米は約4千トンを出荷する見込みで、県内外の米穀販売店や百貨店、スーパーなどで販売する。秋田米ブランドを長年けん引してきた「あきたこまち」との二枚看板に育て、産地としての認知度向上、販売額増加を目指す。

 デビューに合わせ、県やJAなどでつくる「秋田米新品種ブランド化戦略本部」は東京と大仙市でイベントを開いた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース