角間川の屋敷群・北島家―主屋 遊び心と生活感あふれる

連載:角間川の屋敷群
有料会員向け記事

 旧本郷家住宅の南隣に立つ旧北島家住宅。元は武家で、江戸時代の初めごろに現在の新潟から移り住んだと伝わっている。

北島家の北座敷

 主屋が建てられたとされるのは1833(天保4)年。角間川3家の住宅としては最も古い。戊辰戦争で戦場となった角間川は焼き尽くされたが、北島家は焼失を免れた。

 江戸期の建築の特徴が表れているのが、土間の天井に見える構造である。梁(はり)に対し部材が垂直に組まれている。和小屋組と呼ばれる建築様式である。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース