地元の発展願う「巡幸の跡」 大仙市角間川の本郷家

連載:角間川の屋敷群
有料会員向け記事

 1881(明治14)年、明治天皇は北海道と東北の巡幸で角間川に立ち寄り、本郷家に建てられた行在所(あんざいしょ)に1泊した。建物は既にないが、本郷家主屋の土間から見える庭に幅120センチ、奥行き100センチの四角い切石がある。行在所があったことを示す跡である。

行在所があったことを示す切石

 明治天皇は青森県を経て大館市の矢立峠から秋田入りした。巡幸は国道を通るのが通例だったという。角間川は、当時の国道の途中にある追分交差点を西に曲がって川を渡った先にある。国道沿いでないにもかかわらず、明治天皇はこの年の9月19日に角間川に立ち寄り、本郷家に泊まったのである。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース