大仙市角間川「本郷家の内蔵・洋館」 優美で堅牢、思い込め

連載:角間川の屋敷群
有料会員向け記事

内蔵の入り口。中は奥行き16メートルある

 主屋の内蔵は、1869(明治2)年に完成した土蔵である。

 黒しっくいの重厚な扉の先に奥行き16メートルの空間が広がる。棟木は全長20メートルの一本木。内部に丁寧に施された漆塗りは優しく輝きを放つ。

 蔵は季節で入れ替わる生活用品のほか、冠婚葬祭で大勢の客をもてなす際の道具の保管場所などとして用いられていた。8代太郎が執筆した本郷家の家史「本郷家七代物語」に、この内蔵を建てた5代吉右衛門の言葉と思いが記されている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース