秋田の食:トンブリ料理 癖がなく高い栄養価

有料会員向け記事

2種類のトンブリ料理。右が客人をもてなす際に作られたトンブリの月見、左が手軽に作れるたたき長芋

 ほうきの材料として広く栽培されていたホウキグサ。近世、飢饉(ききん)に苦しむ出羽国の米代川流域に暮らす人々が、その実を食べようと工夫したのがトンブリの始まりとされています。

 トンブリは気の遠くなる作業を経て食品になります。秋に刈り取ったホウキグサを乾燥させ、1~2ミリほどの実を落とし、ふるいで分けます。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース