明桜と秋田商が頂点争う、高校サッカー 決勝は22日

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【秋田商―新屋】後半31分、勝ち越しのシュートを放つ秋田商の泉(左から2人目)=ソユースタジアム
【秋田商―新屋】後半31分、勝ち越しのシュートを放つ秋田商の泉(左から2人目)=ソユースタジアム

 第101回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、県高体連、ABS秋田放送主催)第5日は19日、秋田市のソユースタジアムで準決勝を行い、明桜と秋田商が決勝へ進んだ。明桜は秋田南に10―0で圧勝し、秋田商は新屋に3―1で逆転勝ちした。決勝は22日午後0時5分から、同スタジアムで実施する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース