由利の関、熱投158球も及ばず 甲子園4強追い詰める

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【由利―聖光学院】延長11回まで力投を続けた由利の関=きらやかスタジアム
【由利―聖光学院】延長11回まで力投を続けた由利の関=きらやかスタジアム

 158球の熱投もわずかに及ばなかった。延長十一回、由利は1死満塁から聖光学院にスクイズを決められてサヨナラ負け。エース関優來(2年)は終盤のピンチでもマウンド上で笑顔を見せていたが、最後は膝をついたまま、しばらく立ち上がれなかった。

能代松陽、延長で学法石川を下す 由利は聖光にサヨナラ負け

 ツキは由利にあった。2―0の八回の守りは先頭に中前打を許す嫌な展開。次打者の痛烈なライナーは二塁手のグラブに収まり、一走もタッチアウトにして併殺を完成させた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース