「子ども食堂」広がる支え合いの輪 地域と関わる大切な場に

連載:暮らし・話題
有料会員向け記事

 子どもたちに無償、または低価格で食事を提供する「子ども食堂」。秋田県内でも取り組みが広がっており、食事提供だけではなく親子が地域と関わる大切な場になっている。今月9日、大館市の団体「子ども親支援スマイル・ミント」が桂城公園で開いた子ども食堂をのぞいた。

きりたんぽ作りに挑戦する親子ら


 この日のメニューは豚汁ときりたんぽ。親子ら約90人が参加し、きりたんぽ作りに挑戦した。子どもたちはご飯を串に付けて両手で握ったりテーブルの上で転がしたりと、試行錯誤しながら形を整える。「失敗しても大丈夫だよ。もう一回やってみよう」。スタッフは声をかけて作業を見守った。

 鹿角市から訪れた村田佳穂ちゃん(5)は「初めてで難しかったけれど、もみもみするのが楽しかった」。父親の雄輝さん(34)は「子どもがいろんなことを体験できる機会はありがたい」と話す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース