「人権活動家の仕事認められた」 平和賞決定でウクライナの団体

※写真クリックで拡大表示します
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」が入る建物=7日、キーウ(共同)
ノーベル平和賞の受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」が入る建物=7日、キーウ(共同)

 【キーウ共同】ノーベル平和賞受賞が決まったウクライナの人権団体「市民自由センター」の報道担当者は7日、首都キーウ(キエフ)で「非常にうれしい。びっくりしている」と記者団に話した。8日に正式な記者会見を開く予定。同団体はツイッターに「誇りに思う。多くの人権活動家の仕事が認められた証しだ」と投稿した。

 ロイター通信によると、ロシアの人権団体「メモリアル」幹部は、受賞決定について「団体は解散させられており、新たな場所で活動するロシアの同僚を勇気づける」と歓迎。ベラルーシの活動家、ラトゥシュコ氏は「賞はベラルーシの全ての政治犯に対するものだ」と語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。