「自主避難者にも支援継続を」 福島第1原発事故で国連報告者

※写真クリックで拡大表示します
記者会見する国連のセシリア・ヒメネスダマリー特別報告者=7日、東京都千代田区
記者会見する国連のセシリア・ヒメネスダマリー特別報告者=7日、東京都千代田区

 東京電力福島第1原発事故の避難者調査のため来日している国連のセシリア・ヒメネスダマリー特別報告者(国内避難民の権利担当)は7日、避難者を支援する際に「強制避難区域や区域外からの自主避難といった区別は取り除くべきだ」と指摘、支援継続を訴えた。都内で記者会見した。国連の人権理事会に任命された専門家による避難者の本格調査は初めて。

 自主避難者を巡っては、正確な集計がなく、事故から11年がたち多様化する支援ニーズが把握されていない。ヒメネスダマリー氏は「国レベルでの保護や支援へのアプローチが十分ではない」と批判した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。