北海道新聞の取材内容漏えい 記者がメモ置き忘れ

 北海道新聞社(札幌市)は7日、帯広支社報道部の記者(41)が取材先で、別の記者が作成した取材メモを置き忘れ、外部に漏えいしていたと発表した。

 メモはA4判3枚。道東にある流通会社の元役員が辞任した経緯を取材した内容が記されていた。報道部の記者が2020年11月、この会社を取材で訪れ、置き忘れた。

 元役員が同社に退職慰労金の支払いを求めた民事訴訟で、会社側が証拠として提出。今年9月下旬には、メモを基に尋問も行われた。

 北海道新聞社の大住清典執行役員編集局長は「記者倫理に反する。関係者にご迷惑をかけ、読者との信頼関係を損ねたことをおわびする」とコメントした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。