改ざん、日野自取締役ら4人辞任 社長減額、歴代首脳に返納要求

※写真クリックで拡大表示します
記者会見の冒頭、頭を下げる日野自動車の小木曽聡社長(中央)ら=7日午後、東京都千代田区
記者会見の冒頭、頭を下げる日野自動車の小木曽聡社長(中央)ら=7日午後、東京都千代田区

 日野自動車は7日、エンジンの排出ガスや燃費性能の試験データを改ざんしていた問題の経営責任を明確化するため、取締役3人を含む計4人の7日付の辞任を発表した。不正は少なくとも約20年前から行われており、2003年以降の歴代社長らに報酬の一部の自主返納を求める。小木曽聡社長は続投し、月額報酬50%を6カ月間減額する。企業風土改革など経営の立て直しに取り組む。

 小木曽社長は同日午後、斉藤鉄夫国土交通相に再発防止策を報告した。国交相は「長年の不正慣行と決別し、改革を進めてほしい」と求め、小木曽社長は「新しい日野に生まれ変わるよう精進する」と応じた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。