宇野昌磨、今季初戦「試したい」 マリニンは全て4回転以上の構成

※写真クリックで拡大表示します
前日練習で調整する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ
前日練習で調整する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ

 フィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンの前日練習が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、3月の世界選手権で初優勝した男子の宇野昌磨は4回転ループや4回転―3回転の連続トーループを確率よく決めた。フリーのみで争う今季初戦へ「練習してきたことを試合で試したい」と話した。

 昨季の世界ジュニア選手権王者で17歳のイリア・マリニン(米国)は計7度のジャンプを全6種類の4回転以上で跳ぶ驚異的な構成を披露。9月に世界で初成功した4回転半と5種類6度の4回転を着氷させた。

 世界女王の坂本花織は「(今大会で)自信をつけたい」と抱負を語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。