県道荷上場バイパス、11月使用開始 安定的な通行を確保

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は7日、2016年から工事を進めてきた県道西目屋二ツ井線・荷上場バイパスの供用を11月27日に始めると発表した。現道は山の斜面に近く土砂崩れが発生した際に通行止めとなることが多かったため、バイパスを約400メートル東側に整備。災害の影響を極力回避できるようにし、安定的な通行の確保につなげる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース