世界初の「硬翼帆」船完成 東北電など、風で脱炭素化

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
商船三井と東北電力が建造した「松風丸」。先端に伸縮可能な「硬翼帆」を搭載している(商船三井提供)
商船三井と東北電力が建造した「松風丸」。先端に伸縮可能な「硬翼帆」を搭載している(商船三井提供)

 商船三井(東京)と東北電力(仙台市)は7日、上下に伸縮できる繊維強化プラスチック(FRP)製の「硬翼帆(こうよくほ)」を搭載した世界初の石炭輸送船を建造し、運航を始めたと発表した。風を推進力に生かすことで温室効果ガスの排出抑制につなげる。東北電の専用船として海外から能代火力発電所(秋田県能代市)などへ石炭を輸送する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース