コロナ禍、学生の16%に中等度以上のうつ症状 秋田大が調査

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
コロナ禍が学生の心身に与えた影響の調査結果を説明した会見=秋田大本道キャンパス
コロナ禍が学生の心身に与えた影響の調査結果を説明した会見=秋田大本道キャンパス

 秋田大学(山本文雄学長)は6日、新型コロナウイルス禍が学生の心身へ与えた影響について、2021年に行った調査結果を発表した。調査に協力した学生の16・6%に中等度以上のうつ症状が見られたほか、死にたいと思う「自死念慮」があった人は11・8%に上り、いずれも20年の初回調査から増加した。

 調査は、早期にうつや不安症状の強い学生を見つける目的で、21年3月20日~5月31日にオンラインで実施。20年5、6月に実施した初回調査と同様、心の健康状態や生活習慣について尋ねた。学部生と大学院生計約5千人のうち、1982人が回答。このうち2年連続で回答した985人の結果を分析した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース