子育てしやすい街・岡山県奈義町(下) 奥正親町長インタビュー

有料会員向け記事

 岡山県奈義町がさまざまな子育て支援策を展開したのは、2002年に市町村合併をせず単独町制を選択したことが契機だった。12年には「子育て応援宣言」を掲げ、取り組みを加速。奥正親町長(63)に施策のポイントや今後の展望などを聞いた。

 ―子育て支援の必要性を実感したきっかけは。

子育て支援策に力を入れる理由などを語る奥町長

 「3村が合併して奈義町となった1955年当時の人口は9千人。それが少子高齢化に伴う自然減と若者の流出による社会減で年々減少していた。危機感が高まったのは、住民投票で単独町政を決断した02年。役場職員や議員、町民の間に『自分たちの町は自分たちでつくる』という感覚が生まれた。町の未来を担うのは子どもや若者であるとの考えから、歳出の削減や施策の見直しなどで約1億5千万円を捻出し、子育て支援策の充実に大きくかじを切った」

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース