土日限定直売所、住民の生きがいに 大仙市協和・落合集落

有料会員向け記事

 40世帯余りが暮らす秋田県大仙市協和の落合集落で、土曜、日曜日限定の直売所「落合土日市」が開かれている。住民有志が14年前から営業。市内外の買い物客が旬の食材を求めて訪れ、今では集落に欠かせない交流の場となっている。

 株ごと置かれたサトイモやネギ、シイタケ、アケビ。今月2日の朝、直売所には地元住民が栽培、収穫した新鮮な食材が並んでいた。「おはようございます」「どうもどうも」「いいサトイモだ」。買い物客は、店番を務める住民と会話を楽しみながら品定めした。

直売所内に立つ元木会長


 直売所は2008年春にオープンした。「人口減少と高齢化が進む集落を元気にしたい」。元木会長は会社員を退職後、以前から住民同士で話していた直売所をやってみようと思い立った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース