国体、剣道少年女子が準優勝 レスリング少年男子伊藤も準V

※写真クリックで拡大表示します
準優勝した剣道少年女子の本県チーム=ユウケイ武道館
準優勝した剣道少年女子の本県チーム=ユウケイ武道館

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」第3日は3日、栃木県足利市の「FUKAI SQUARE GARDEN 足利」などで16競技を行った。県勢は、剣道少年女子が決勝で地元・栃木に敗れ準優勝だった。

 レスリングは少年男子フリースタイル55キロ級で伊藤洋行(秋田商高3年)が準優勝、成年同125キロ級で安田拓斗(県スポーツ協会)が3位に入った。

 フェンシングは成年女子フルーレが6位入賞したが、2連覇中の同男子フルーレは3回戦で敗退した。バスケットボール成年男子は準決勝に進出、同女子は準々決勝で愛知に敗れた。


国体に関する記事や結果はこちらから:「いちご一会とちぎ国体」

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース