秋田、3校合同チームなど3回戦進出 高校サッカー県大会

※写真クリックで拡大表示します
【秋田―湯沢】後半38分、秋田の遠藤(右)がシュートを決め4―1とする=県立中央公園球技場
【秋田―湯沢】後半38分、秋田の遠藤(右)がシュートを決め4―1とする=県立中央公園球技場

 第101回全国高校サッカー選手権秋田県大会(県サッカー協会、県高体連、ABS秋田放送主催)第2日は2日、秋田市雄和の県立中央公園球技場で2回戦の残り4試合を行い、角館・西仙北・大曲農、秋田、大館桂桜、大曲工が3回戦に進出した。

 第3日は11日、にかほ市のTDK秋田総合スポーツセンターなど3会場で3回戦7試合を行い、8強が決まる。


3回戦から、全県総体覇者の明桜を除くシード校7校が登場します
高校サッカー県大会、10月1日開幕 夏覇者明桜軸に混戦か

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース