花火の色、どうやって出す? 炎色反応で鮮やかに

有料会員向け記事

色とりどりの花火が打ち上げられた大仙市の「大曲の花火」=8月27日

 Q 今年の夏はたくさんの花火大会が復活したね。3年ぶりに見る花火は色とりどりできれいだったよ。なぜあんなにたくさんの色が出せるのかな。

 A 色のもとになっているのはさまざまな金属です。金属を燃やすと、その金属の種類(元素)によって特定の色の炎が生じます。「炎色反応」という現象です。例えばストロンチウムは紅色、銅は青緑色、ナトリウムは黄色、バリウムは黄緑色の炎になります。花火の多彩な色は、この反応を利用しています。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース