ローザンヌが初の日本予選 バレエ発展認められ実地選考

※写真クリックで拡大表示します
ローザンヌ国際バレエコンクール日本予選で審査を受ける出場者=1日午前、兵庫県西宮市
ローザンヌ国際バレエコンクール日本予選で審査を受ける出場者=1日午前、兵庫県西宮市

 毎年スイスで開かれ、世界的バレエダンサー熊川哲也さんらを輩出してきた若手ダンサーの登竜門「ローザンヌ国際バレエコンクール」の日本予選が1日、兵庫県西宮市で始まった。日本での予選開催は初めて。従来はビデオ審査で本選出場者を選んできたが、日本のバレエ技術発展が認められ実地選考が実現したという。

 予選には、事前審査を通過した14~18歳の49人が出場。出場者はピアノ演奏に合わせ、躍動感のある動きを披露した。

 プロ活動をしていないダンサーが対象。予選の日程は2日間で、初日はレッスンを受ける様子を、2日目は舞台で披露するクラシックバレエなどを審査する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。