JR只見線11年ぶり全線再開 車両故障、混乱の初日

※写真クリックで拡大表示します
11年ぶりに全線再開したJR只見線の只見駅で、列車の発車を見送る人たち=1日午前、福島県只見町
11年ぶりに全線再開したJR只見線の只見駅で、列車の発車を見送る人たち=1日午前、福島県只見町

 全国屈指の秘境路線として知られ、2011年7月の新潟・福島豪雨で被災したJR只見線は1日、不通が続いていた会津川口(福島県金山町)―只見(同県只見町)間27・6キロに列車が通り、11年ぶりに全線再開した。しかし再開区間以外で車両故障があり、約4時間にわたり運転を見合わせた。多くの鉄道ファンらがバスへの乗り換えや駅での足止めを強いられ、混乱の初日となった。

 多額の復旧費を要した再開区間は福島県が線路や駅舎を保有し、JR東日本が運行を担う「上下分離方式」に移行。県や地元自治体が毎年約3億円を負担する。

 只見線は11年の豪雨で福島県内の鉄橋3本が流失した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。