色鮮やかな8千発の花火 大曲の花火・秋の章、2年ぶり開催

会員向け記事

 「大曲の花火・秋の章」が1日夜、大仙市の雄物川河川敷で開かれた。「花火劇場 璃(あき)」をテーマに、赤やオレンジ、青などの色鮮やかな約8千発の花火が秋の夜空に打ち上がった。市と大曲商工会議所の主催。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止しており、2年ぶりに開催した。

約8千発が夜空を焦がした「大曲の花火・秋の章」

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース