8月求人倍率、県内1・50倍 全国17番目「改善の動き続く」

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田労働局は30日、8月の有効求人倍率を前月比0・01ポイント増の1・50倍と発表した。1・5倍台となるのは2カ月ぶり。全国平均を0・18ポイント上回った。同局は県内の雇用情勢について「改善の動きが続いている」とした。新型コロナウイルスや国際情勢などが雇用に与える影響を引き続き注視する必要があるとしている。

 有効求人数(季節調整値)2万3202人に対し、有効求職者数(同)は1万5505人。新規求人数(全数)は前年同月比7・9%(653人)減の7656人だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース