市文化会館の芸術作品どうなるの? 「どこかで活用してくれたら…」

有料会員向け記事

 30日で閉館し、解体が予定されている秋田市文化会館。「いつもは何気なく見ていた入り口正面の壁面に飾られた芸術作品は、文化会館が解体するとその作品はどうなるのか? すごく気になりました」。音楽会や各種展示会を見によく文化会館に足を運んでいたという秋田市の女性(79)から、こんな声が寄せられた。

 1階事務室周辺のエントランススペース。入り口を背にした正面のコインロッカー上に、作品はあった。木製の幾何学模様のパーツが無数に組み合わされ、天井までを覆うように飾られていた。

閉館した秋田市の市文化会館に飾られていた「光風」


 市文化会館によると、作品に関する詳細な資料は残っていない。大きさは縦2・80メートル、横4・66メートル。作品下部には「光風」というタイトルと、寄贈された日付「昭和59年10月30日」、制作者とみられる「秋田市立美術工芸専門学校」の文字が添えられている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース