旧統一教会、民放2社を提訴 「ミヤネ屋」と「ひるおび」

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は29日、違法な布教活動や資金集めをしているとの趣旨を情報番組で発言したのは事実に反し名誉毀損だとして、TBSと読売テレビの2社と出演者の紀藤正樹弁護士ら3人に計6600万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 情報番組は読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」とTBSの「ひるおび」。訴状によると、教団側はミヤネ屋で出演者の紀藤弁護士と本村健太郎弁護士に、ひるおびでは八代英輝弁護士に関し、教団を批判する発言の中で事実と異なり名誉を傷つける発言があったと主張している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。