園児がクラクション鳴らす訓練 送迎時の安全管理確認

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
訓練で通園バスのクラクションを鳴らす園児
訓練で通園バスのクラクションを鳴らす園児

 今月上旬に静岡県の認定こども園で通園バスに取り残された女児が熱中症で死亡した事件を受け、車内への取り残しを防ぐための安全管理を確認する訓練が28日、秋田県横手市平鹿町の醍醐保育園(加藤敦美園長、89人)で行われた。確認作業を職員が実践したほか、園児がクラクションを鳴らし周りに危険を知らせる練習も実施した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース