秋田市議会、補正予算案51億可決 商品券発行3億5997万円

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市議会は28日、本会議を開き、22年度一般会計補正予算案など20件と議員提出の意見書案1件を可決、認定、採択。21年度一般・特別会計決算認定案と、市公平委員選任案、人権擁護委員3人の各推薦案が追加提案され、このうち選任案、各推薦案に同意した。

 一般会計補正予算は2件あり、計51億62万円。一般会計の累計は1466億9624万円。オミクロン株対応の新型コロナウイルスワクチン接種事業11億7966万円、プレミアム付き商品券発行事業3億5997万円、住民税非課税世帯に生活支援として1万5千円を支給する緊急助成事業7億1952万円など。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース