ウイルスソフト代金要求で詐欺 70代男性30万円被害

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県警由利本荘署は28日、由利本荘市の70代男性が特殊詐欺に遭い、電子マネー利用権30万円分をだまし取られたと発表した。

 署によると、28日午前、男性のパソコンにセキュリティーに関する警告画面が表示された。画面上の番号に電話すると、女から「パソコン修理代金とウイルス対策ソフト代金で10万円かかる。代金は電子マネーで支払ってください」などと3回にわたって要求された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース