秋田市上空に光の柱 この時期珍しい「漁火光柱」か

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田市上空で見られた光の柱=25日午後6時半ごろ(佐藤さん提供)
秋田市上空で見られた光の柱=25日午後6時半ごろ(佐藤さん提供)

 25日夜、秋田市上空に複数の光の柱のようなものが見られた。秋田地方気象台によると、海上の光が大気中の氷晶に反射する現象「漁火(いさりび)光柱」とみられる。

 漁火光柱は、上空の大気が冷え込んでいる時に起こる現象。冬になるとよく見られるが、この時期に見られるのは珍しいという。本県沖で出漁している漁船などの照明灯が反射した可能性が高い。

 撮影したのは同市仁井田の会社員佐藤真さん(44)。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース