時代を語る・武田英文(26)教養大設置で大もめ

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ミネソタ秋田校の経営難を伝える秋田魁新報=平成11年5月1日付朝刊
ミネソタ秋田校の経営難を伝える秋田魁新報=平成11年5月1日付朝刊

 林務部と農政部の統合以上に紆余(うよ)曲折をたどった問題がありました。ミネソタ州立大秋田校の経営難に端を発した国際教養大の設置です。ミネソタ秋田校の財政難が表面化したのが平成11(1999)年、教養大が開学する16年まで秋田県政の最重要課題となりました。

 この問題は二つに切り分けて考えた方が分かりやすいと思います。一つは寺田典城知事のトップダウン式の政治手法、いま一つは教養大は本当に必要だったのかという視点です。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース