韓国風と地元食材使用… 大曲高生、高校生目線で弁当開発

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
若者目線を大切にして開発した韓国風弁当
若者目線を大切にして開発した韓国風弁当

 秋田県大仙市の大曲高校商業科3年生5人が、市内のグランドパレス川端とコラボした弁当を開発した。高校生ならではの感性を生かして試食や検討を重ね、韓国風弁当と地元食材を使った弁当の2種類を商品化。大仙市で行われる県種苗交換会の会場で10月29、30日に売り出す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース