能代松陽、2年連続の頂点 甲子園経験選手が残る新チーム

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【由利―能代松陽】5回裏無死一、三塁、能代松陽の齋藤が左翼線に二塁打を放ち2―1と勝ち越す=こまちスタジアム
【由利―能代松陽】5回裏無死一、三塁、能代松陽の齋藤が左翼線に二塁打を放ち2―1と勝ち越す=こまちスタジアム

 4番齋藤舜介(2年)が勝ち越し打を含む3打点の活躍。エース森岡大智(同)が8回を1失点に抑えるなど、投打とも安定した戦いぶりで2年連続の頂点に立った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース