トランプ氏に首脳会談を要求 金正恩氏、過去の親書で

※写真クリックで拡大表示します
2018年6月、シンガポールでの初会談で握手するトランプ氏(右)と金正恩氏(AP=共同)
2018年6月、シンガポールでの初会談で握手するトランプ氏(右)と金正恩氏(AP=共同)

 【ソウル共同】韓国メディアは25日、トランプ前米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記が2018~19年に交わした親書27通の内容を報じた。非核化交渉で金氏が韓国の文在寅前大統領らの関与を嫌い、トランプ氏との首脳会談を繰り返し求めたことが明らかになった。

 トランプ、金両氏は18年6月に史上初の米朝首脳会談をシンガポールで開催。19年2月と6月にも首脳会談を行ったが、非核化交渉は決裂した。

 金氏は18年9月に文氏と平壌で南北会談を行い、直後の親書では「今後は文大統領ではなく閣下(トランプ氏)と直接、非核化問題を議論することを希望する」としていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。