短編長編とも日本作品が頂点に オタワ国際アニメ映画祭

※写真クリックで拡大表示します
和田淳監督、山村浩二監督
和田淳監督、山村浩二監督

 カナダのオタワ国際アニメーション映画祭で24日(日本時間25日)、短編部門グランプリに和田淳監督の「半島の鳥」が、長編部門グランプリに山村浩二監督の「幾多の北」が選ばれた。他に榊原澄人監督の「飯縄縁日」が最優秀ノンナラティブ賞を獲得した。

 同映画祭は北米最大級のアニメ映画祭。今年のコンペには短編62本、長編7本が選出された。

 「半島の鳥」は大人への通過儀礼に向け舞踏を練習する少年と、彼だけに見える鳥を描く。

 「幾多の北」は東日本大震災後に感じた不安や苦悩を独特なアニメーションと断片的な警句に前衛的ジャズを合わせて描く。山村監督初の長編。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。