ジェット機を引っ張れ! 成田空港で小学生が挑戦

※写真クリックで拡大表示します
秋空の下、ジェット旅客機を綱で引く小学生ら=25日午前、成田空港
秋空の下、ジェット旅客機を綱で引く小学生ら=25日午前、成田空港

 小学生ら130人が綱でジェット旅客機を引っ張るイベントが25日、成田空港で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大で2020、21年は中止となり3年ぶり。秋空の下、マスク姿の児童と保護者が「そーれ、そーれ」とのかけ声を響かせ、巨体を18m動かした。

 挑戦を受けたのは全長55m、重さ約100トンの中型旅客機ボーイング767。前脚と左右の主脚の車輪部分に綱をそれぞれ取り付けた。小学生68人が懸命に引いたが動かず、保護者62人が加勢すると動き始め、歓声が上がった。

 20日の「空の日」に合わせて例年開かれ、今年で24回目。感染対策で、参加人数を半分程度に絞った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。