米、北朝鮮ミサイル発射を非難 「違法な兵器開発計画」

 【ワシントン共同】米インド太平洋軍は24日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮の「違法な大量破壊兵器と弾道ミサイルの開発計画」を非難する声明を発表した。地域の不安定化につながるとの懸念も示した。

 同時に「米国や同盟国に差し迫った脅威をもたらすものではない」と指摘。日本や韓国と緊密に対応を協議していると強調した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。