川村監督「一瞬パニック」 国際映画祭で受賞、「百花」

※写真クリックで拡大表示します
サンセバスチャン国際映画祭で監督賞を受賞した川村元気監督=24日、スペイン・サンセバスチャン(共同)
サンセバスチャン国際映画祭で監督賞を受賞した川村元気監督=24日、スペイン・サンセバスチャン(共同)

 【サンセバスチャン共同】スペインの第70回サンセバスチャン国際映画祭で、自身初の長編監督作品「百花」で監督賞を受賞した川村元気さん(43)は24日、授賞式後「まさか監督賞まで取れるとは思っていなかった。一瞬パニックになった」と喜びを語った。

 受賞が発表されるとやや緊張した面持ちで授賞式の舞台に上がり、笑顔を見せた。あいさつでは、映画祭で上映後、受賞は諦めてスペイン北部ビルバオを訪れ、バル(バー)にいた際に受賞に関する連絡があり、飲んでいた白ワインを「噴き出しそうになった」と明かし、会場の笑いを誘った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

文化芸能ニュース