「百花」川村元気さんに監督賞 スペインの映画祭、日本人初

※写真クリックで拡大表示します
サンセバスチャン国際映画祭の授賞式でトロフィーを手に笑顔の川村元気監督=24日、サンセバスチャン(ロイター=共同)
サンセバスチャン国際映画祭の授賞式でトロフィーを手に笑顔の川村元気監督=24日、サンセバスチャン(ロイター=共同)

 【サンセバスチャン共同】スペイン北部サンセバスチャンで24日、第70回サンセバスチャン国際映画祭の授賞式が開かれ、コンペティション部門で「百花」の川村元気監督(43)が監督賞を受賞した。日本人の同賞受賞は初めて。

 「百花」は川村監督の初の長編監督作品。小説家でもある川村監督が自身の同名著書を映画化した。認知症を患い記憶を失っていく母と、介護をしながら思い出をよみがえらせる息子の姿を描く。原田美枝子さんと菅田将暉さんが主演し、日本では今月9日に公開された。

 サンセバスチャン映画祭は欧州でカンヌ、ベネチア、ベルリンの三大国際映画祭に次ぐ水準の知名度を持つ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。