目標は「10年以内にJリーグ参入」 元ブラウ・安芸さんが千葉でクラブ設立

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
流山FCの安芸さん(左)と小野さん。ブラウブリッツ秋田でプレーした者同士で支え合い、新たな一歩を踏み出した
流山FCの安芸さん(左)と小野さん。ブラウブリッツ秋田でプレーした者同士で支え合い、新たな一歩を踏み出した

 サッカーJ2ブラウブリッツ秋田で2017年にプレーした安芸銀治さん(28)が、千葉県流山市を拠点とする社会人サッカークラブ「NAGAREYAMA FC」(流山FC)を立ち上げた。チームの主力として、秋田時代にチームメートだった小野敬輔さん(24)=秋田市出身=を迎え、設立1年目のシーズンを戦っている。

 千葉県松戸市出身の安芸さんは、17年に流通経済大学から当時J3の秋田入り。181センチの上背を生かした攻撃力を期待されたが、厳しいポジション争いの末に公式戦出場は7試合にとどまった。チームはこの年、J3を初制覇したものの、安芸さんはシーズン終了後、期限付き移籍という形で秋田を離れた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース