津野商店(由利本荘市中町) 乾物の魅力広めたい

有料会員向け記事

 アジやウルメイワシの煮干し、日高昆布やかつお節、ヒジキやシイタケ―。

 新潟県出身の初代が妻の出身地の秋田県由利本荘市で1950年に創業した「津野商店」では、さまざまな乾物を取り扱っている。現在は3代目の津野学さん(57)が妻優子さん(61)、次女朋恵さん(32)と店を営む。

煮干し、昆布などさまざまな乾物が並ぶ店内に立つ(左から)学さん、朋恵さん、優子さん

 大型スーパーがない当時、店では食料品全般や雑貨を販売し、地域の消費を支えていた。今もその名残で、調味料や菓子、雑貨も並ぶ。2代目から乾物を本格的に売り出し、15年ほど前に学さんが引き継いだ。2010年には隣店の火事が燃え移り、店舗兼住宅を全焼したが、「店を必要としてくれるお客さんの気持ちに応えたい」(学さん)と約8カ月後には今の場所で商売を再開した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース