コロナ収束、平和祈り奉納揮毫 御所野学院高書道部8人

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
平和を願うメッセージを書く生徒
平和を願うメッセージを書く生徒

 国連が定める「国際平和デー」(21日)に合わせ、世界平和と新型コロナウイルスの収束を祈念する奉納揮毫(きごう)が22日、秋田市寺内の護国神社で行われた。御所野学院高校の書道部員8人が参加し、筆を走らせた。

 部員たちは横約5メートル、縦約2メートルの大きな紙を広げ、交代しながら丁寧に書いていった。部員全員で考えたという「平和な世界で皆が笑顔でありますように」などのメッセージを書き上げた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース